プロミスは総量規制が適用される

プロミス金利ガイド

プロミスは総量規制が適用される

プロミスというのは、大手のキャッシング業者であり、運営を大手の銀行グループの会社が行っているため、心配なく利用することができます。
しかしながら、プロミスはこのようなメリットのみでなく、デメリットに関してもチェックすることで、さらに安心して利用できるにではないかと思います。
プロミスのデメリットは、総量規制の適用を受けることです。
総量規制というのは、利用する人の3分の1の年収を超えるような融資を貸金業者が行ってはいけないというような規則で、利用できる限度額を制限するようなものです。
例えば、300万円の年収の場合、総量規制によると、別のキャッシングも合計して、融資を100万円までしか受けることができなくなります。
しかしながら、キャッシングが100万円を超えるようなことになる場合はあまり多くないのではと思います。
あまり借り過ぎないように上限が決まっていると思うと、心配しないで利用することができるのではないかと思われます。

プロミスはATMの手数料がかかる場合がある

プロミスのデメリットは、ATMを利用する場合に手数料がかかる場合もあることです。
銀行のカードローンと比べた場合、キャッシングを銀行より別の会社で利用する場合は、提携しているATMを使う場合に手数料がかかってきます。
手数料は1回あたり105円、または210円という少ないものですが、気になる場合もありデメリットになるかもしれません。
しかしながら、他社よりも金利が安い業者は、利用する場合の審査が一般的に厳しいと言われています。
プロミスのデメリットは、収入証明書類が必要な場合があることです。
融資を希望する金額と他社からの借入残高の合計額が100万円を超過する場合、または50万円を超過するような融資を希望するような場合は、給与明細書などの収入証明書類が必要になってきます。
このことも法律によって決められているものになりますが、利用者から一定の金額以上の収入があることが証明できるような書類を出してもらうように義務化されているためなのです。

アコムの審査でお困りなら