プロミスの様々な返済方法

プロミス金利ガイド

プロミスの様々な返済方法

プロミスの申込み条件は厳しくなく、学生やパートの主婦であっても申込みが可能です。
審査もそれ程厳しくないので、利用しやすい消費者金融と言えます。

プロミスでの申込み条件も重要ですが、同じく返済方法などの条件も重要です。
申込むときにはきちんと確認しておいた方がいいです。

プロミスの返済方法は色々あるので、自分にとって都合のよい方法を選ぶことができます。
銀行口座からの自動引き落としは、余計な手間がかからないので便利です。
手数料もかからないので、口座にお金が入っていれば特に手続きも必要ありません。

自分で直接返済したい時には銀行振り込みもできますが、手数料はこちらで負担することになります。
返済方法としては、手数料がかからないものの方がうれしいものです。
提携ATMでの振込も手数料はかかりますが、その代り夜遅くでも返済が可能だというのは便利です。

指定のインターネットバンキングの口座を持っているなら、パソコンやスマホからの返済も可能です。
これは土日も夜中も関係なく、すぐに返済ができるので、お勧めの返済方法です。

返済に困った時にはどうすればいいか

様々な返済方法から選べるのは、プロミスのメリットですが、どの返済方法をとるにしても、お金に困って返済が間に合わないということもあります。

いざという時にあわてないように、そのような時の対処法は覚えておきましょう。
返済に困った時に必ずすることは、プロミスへの相談です。
支払いの遅延は信用を無くすので避けたいところですが、どうしてもだめな時にそのまま放置してしまうと本当に信用はなくなってしまいます。

対策としては二つの方向になりますが、支払いを伸ばしてもらうか、返済額を減らしてもらうかになります。
支払いが数日遅れるだけで済むなら、電話での自動音声での受け付けも行っています。
期日から30日までの遅れなら、自動音声でのやり取りで済むので手続きも抵抗なくできます。

また、返済が辛いということであれば、返済額を減らせないかの相談をする方法もあります。
ただし、返済期間はそれだけ長くはなってしまいます。
それでも無理のない返済計画を立てるなら返済額を減らした方が良い場合はあります。

アコムの審査でお困りなら